NEWS

2016.07.11

◆【第2回ジュブナイル脚本大賞】募集のお知らせ

※「ガイダンスに出席していない人は応募資格がないのですか?」というご質問を多く頂いていますが、そんなことはありません。下記の規定に従っていただければ、どなたでも応募できます。魅力的なストーリーをお待ちしています(8/7)

GARAKUTA_17
【ジュブナイル脚本大賞とは】ドラマデザイン社が2014年に創設した思春期の少年少女を主人公とした映画のための脚本賞です。第一回ジュブナイル脚本大賞受賞作「がらくた」(脚本:永井優唯)は、7月20日まで、映画のロケ地となった香川県イオンシネマ宇多津にて大好評ロングラン中です!

【賞の狙い】少子化が進んだ日本。若年層マーケットが縮小し、映画やテレビ業界でも子供に見せる映像作品は減少するばかりです。アニメではジブリ作品をはじめ多くの良質な作品が生み出されていますが、実写に関しては、子供やローティーンを対象にした映画やテレビドラマは数えるほどしかありません。ファンタジー性に富んだアニメとは違い、よりリアルな実写手法で子供の心理を描くことが出来る映画…。それと出会うことは、多感な時期の子供たちに得難い体験をもたらします。私たち映像業界で働く人間は、次代を担う子供たちに、そうした良質な実写映画を残していくべきだと思っています。

【応募資格】 プロ・アマ問わず。

【テーマ】 ローティーン(10~15歳)を中心とした少年少女が主要登場人物であること。ただし未発表のオリジナル作品に限る。 60分以上の映画を想定。

※他のコンクールに応募した作品は不可。

【選考方式】 多くのシナリオコンクールを目指す応募者の方々の負担を減らすため、1次審査をストーリー審査とし、通過作品(5編予定)のみ2次審査のシナリオ執筆に取り掛かっていただく方式にいたします。

【一次審査の概要】ストーリー審査とします。その物語が映像化に適した力強い筋書き、テーマ、キャラクター、結末を備えているかを審査いたします。

【一次審査応募方法】

(1)A4サイズをたてに使用しヨコ書き、40字×36行にて10~20枚程度(表紙・登場人物表・あらすじを除く)MS明朝(フォントサイズ11)

*形式はワードないしはPDFで、必ずページナンバーをふること

(2)表紙にタイトル・氏名、電話番号・住所・年齢・性別・職業・メールアドレス。

(3)2~3枚目には、ストーリー概要(あらすじ)400字程度と登場人物表。

(4)4枚目から、ストーリー本編。

(5)原稿は  desk@drama-design.co.jp までメールで送り下さい。

(6)締め切り 2016年8月16日(当日中に必着のこと)

(7)1次審査結果発表 2016年8月31日 ドラマデザイン社WEBサイトにて

【二次審査】

(1)A4サイズを横に使用しタテ書き、37字×40行にて50~90枚程度

MS明朝(フォントサイズ11) ※ページナンバーをふること

(2)締め切り 2016年9月30日(当日必着)

【賞金】大 賞(1編):30万円を贈呈 ※大賞作品は2017年に映像化予定

ストーリー賞(5編):2万円を贈呈。

【選考委員】 山本和夫・上野境介・水野宗徳

【主催】ドラマデザイン社

【結果発表】2016年10月上旬予定

【備考】入賞作品の一切の著作権及び翻案権(映像化権、二次利用も含む)はドラマデザイン社に帰属します。脚本は映像化に際して補訂することがあります。

【ガイダンス】8/1(月)18時30分よりドラマデザイン社(港区赤坂)にて、

募集詳細の説明および第一回大賞受賞作「がらくた」のプロジェクター上映を行う有料ガイダンスを行います。

ガイダンスには、選考委員でもあるプロデューサーの山本和夫(ドラマデザイン社)、上野境介(株式会社キャンター)、名倉良祐(映画「がらくた」監督)が出席します。

ガイダンス参加料:2,000円(当日受付にてお支払い頂きます)

ご希望の方は、desk@drama-design.co.jp にまでご連絡ください(お名前、メールアドレスをご明記ください)。

(※ 7月29日現在、応募を多数頂いています。会場の都合上、あと5名ほどで締め切らせていただきます。ご希望の方はお急ぎください。)

 

※一般の方も応募できる募集です。

ドラマデザイン社:http://www.drama-design.co.jp/

https://twitter.com/s_incubation

 

ご質問等があれば、desk@drama-design.co.jp までご連絡ください。

 

2016.06.14

第6話「身代り稼ぎ」6/14放送

BSジャパン「男と女のミステリー時代劇」第6話は「身代り稼ぎ」。夜鷹に身を落とした百姓の娘・お光が、顔立ちが似ているということから、失踪した呉服屋の娘・菊野の身代りとして雇われる物語。呉服屋の次男・清太郎(桜田通)が世話係となり行儀作法を教え始めるが、田舎育ちのお光はお辞儀ひとつでさえなかなか覚えられず、清太郎は手を焼く。そこへ、菊野と祝言を上げることが決まっていた両替屋の跡継ぎ・大三郎が乗り込んでくるが・・・。AI2期生の小川あんが、底辺に生きながらも、明るさを失わない健気な少女を見事に演じています。放送は6月14日(火)21時より、BSジャパンにて。是非、ご覧ください!

身代り

2016.06.07

第5話「後生安楽」6月7日放送

BSジャパン「男と女のミステリー時代劇」第5話は『後生安楽』。生真面目な下級武士・飯塚(浅利陽介)は、破天荒な上役・林(井上正大)に仕えているが、林の妻・しず(水崎綾女)に密かに心を寄せていた。林の顔を潰れた遺体が発見されたことで、飯塚の運命は大きく動く。秘めた恋が事件を意外な結末へ導いていく・・・。このシリーズでは珍しく、若手俳優三人がメインになった作品。監督も若手の奇才・山嵜晋平。6月7日(火)21時~。是非ご覧になって下さい。

名称未設定 11

2016.06.03

AI公演『清らかな水のように~私たちの1945~』

チラシ表1

AI公演のお知らせ

『清らかな水のように ~私たちの1945~』

原案:神楽坂淳 脚本:千葉美鈴 演出:山本和夫

5期メンバーを迎え第5シーズンを始動したAIが、いきなりの単独公演!

この公演のために新しく書き下ろされたオリジナル脚本を渡され、メンバーの目の色が変わった!
稽古期間はたった3週間!
全身全霊で稽古に打ち込む毎日です。
その成果を、6月4日5日劇場で見てやって下さい!

■ストーリー

修学旅行で沖縄に来た東京の女子高生ありさとマキは、平和資料館見学をさぼって海を見に行くため抜け出す。だが、道に迷い洞窟に入り込んだところで、地震に遭遇、気を失ってしまう。目を覚ましたありさとマキは、モンペをはいた同年代の少女たちに遭遇する。同じ日本語なのに、話がまったくかみ合わない。そこは1945年6月の沖縄だったー。

■出演

市島琳香/里於奈/大井絵梨花/柿本朱里/田中瑠愛

黒木麗奈・和田あずさ(Aチーム)/安田愛里・松本侑紗( Bチーム)

井出和樹/重松隆志

2016.05.10

第4話「髪結い藤吉」5/10放送!

4

BSジャパン「男と女のミステリー時代劇」第4話は「髪結い藤吉」。生れついての不運を嘆くおしま(笛木優子)が、しがない髪結いの藤吉(金子昇)と出会って、幸福を掴む大きな賭けに出る。
1時間にまとめるには複雑な原作を、脚本の横田理恵さんが見事に翻案。迷宮に入り込む二人の運命にドキドキさせながらも、後味の良いラブストーリーになっています。笛木優子さんの美しさが際立つ1本。是非、ご覧ください!

2016.05.03

第3話「万引き」5/3(火)放送!

名称未設定 5

BSジャパン『男と女のミステリー時代劇』第3話は「万引き」。侍の沢太郎(中尾明慶)の妻・れん(逢沢りな)に万引きの疑いがかかる。沢太郎は妻の潔白を信じ、真相を探り始める。そこには大きな陰謀が働いていた…。逢沢りなは、弊社のオリジナル舞台「クリスマウスの夜」初演の主役でした。その時、まだ18才。あどけなさを残しながらも、演技力は際立っていました。中尾明慶は、弊社が演出・脚本・制作協力をした舞台「12人の優しい殺し屋」の主役。こうして、演劇で共に頑張った仲間と映像作品で新たに仕事を出来るのは幸福なことだと思います。「万引き」、いい出来です!

 

2016.04.30

映画「がらくた」5月21日公開!

弊社が創設した「ジュブナイル脚本大賞」の第1回大賞受賞作品「がらくた」(永井優唯脚本)がロケ地の香川県で公開されることになりました。映画を単独で製作したことがない弊社でしたが、昨年「松本清張ミステリー時代劇」で知り合った若いスタッフたちの協力を得てついに完成。名倉良祐監督は「松本清張ミステリー時代劇」の助監督で、これが監督デビュー作品。元の脚本は別の地方が舞台でしたが、名倉監督の郷里・香川県坂出市に設定を変更。坂出市や地元の皆さんの強力なバックアップの元、監督の思春期のイメージも織り交ぜた素敵な作品になりました。5月21日(土)イオンシネマ宇多津にてロードショー。  ↓ 予告編をご覧ください
flyer_B5_cmyk_a001

2016.04.10

第2話 浅野温子主演の「牢の女」 が凄い!

名称未設定 1

新シリーズ「男と女のミステリー時代劇」、第2話にして強烈な作品「牢の女」をラインアップ。この物語は、何者かに殺しの罪をなすりつけられた女・いち(大西礼芳)が、女牢に投獄されることから始まる。銭を持っていなかったいちは、他の囚人たちのリンチを受け殺されかけるが、女牢名主・千勢(浅野温子)に救われる。いちの罪に疑問をもった千勢は、牢にいながら彼女が何者かにはめられたのではと推理し始める。ある日、千勢のなじみの女、お絹(円城寺あや)が投獄されてくる。お絹は、いちが気に入らないと千勢の許しを得て、いたぶり殺そうとする。千勢はその様子をじっと見ていたが…。撮影時の3月初め、牢屋のセットは特に冷え込みが厳しく、スタッフキャストとも少しでも間があればストーブにあたりに行くのに、浅野さんはセットからほとんど動かず、役になりきって撮影を続けていた。このシリーズの過酷な撮影を1年以上こなしてきたスタッフも、浅野さんの姿勢に深く感動。千勢は連続シリーズにしたいくらい深みのあるキャラクターになっている。本当にすごい作品。脚本:李正姫 監督:森岡利行 4/12(火)21時~BSジャパンにて放送。是非、ご覧ください。

2016.04.04

新シリーズ「男と女のミステリー時代劇」(全12話)スタート!

#01Still003qBSジャパン火曜スペシャル枠で昨年始まった弊社製作「松本清張ミステリー時代劇」「山本周五郎人情時代劇」に続き、4月5日より新シリーズ「男と女のミステリー時代劇」の放送が始まります。弊社は同枠で3シリーズ連続の製作となります。今回は、ミステリー作家として名高い多岐川恭の原作の中から、江戸を舞台にした男女の愛憎が濃厚に絡んだドラマを、またも1話完結でお届けします。第1話は「あだ討ち」。妹のあだ打ちを果たせなかった侍が、家族を殺され復讐を誓う娘のあだ討ちを「つつもたせ」をしながら手を貸すという物語。主演は永井大、娘役に梅村結衣。梅村は弊社のオリジナル舞台「ガールズ・プリズン・オペラ2014」で主演。心を揺さぶる演技で、客席を涙の渦に巻き込んだ才能の持ち主。是非、ご覧になって下さい。

2016.03.30

BSジャパン「時代劇の裏までわかる!男と女の江戸暦」3/29(火)20時~放送

名称未設定 1
新シリーズ「男と女ミステリー時代劇」の放送開始を4/5(火)に控え、事前特番として「江戸の男」と「江戸の女」をテーマに掲げ、ドラマをより深く楽しめるように、江戸の男女についてクイズ形式で学ぶ情報バラエティ番組を製作しました。MCは住吉美紀、パネラーは第1話「あだ討ち」主演の永井大、髙田延彦、八田亜矢子、鈴木ちなみ。放送は3/29(火)20時~21時54分。是非、ご覧ください。