NEWS

2014.07.09

女優養成プロジェクト AI 第3シーズン始動!

photo20140709a

弊社主催のAI (女優養成プロジェクト-ACTRESS INCUBATION)の第3シーズンが始まりました。残留した2期生2名に加えて、あたらしく3期生9名が加わり、11名が毎週ショートムービーの撮影に挑みます。その様子は、毎週日曜日15時からニコニコ生放送でリアルタイムにご覧いただけます。是非、応援して下さい!

2014.03.06

弊社制作協力 BS日テレ 松本清張「わるいやつら」が3月16日放送!

photo20140306a

■今まで何度も映画やテレビドラマになった松本清張の名作「わるいやつら」。この度、BS日テレ オリジナルドラマとしてのドラマ化され、弊社が制作協力会社として製作を担当いたしました。
出演は船越英一郎、室井滋、平山あや、床嶋佳子、秋野暢子他。
脚本は「町医者ジャンボ!!」でご一緒した深沢正樹氏。
演出は元日本テレビの名匠、雨宮望監督。
いままでの「わるいやつら」とは、ひと味もふた味も違ったインパクトのある作品に仕上がっています。
3月16日(日)20時~21時54分放送です。ぜひ、ご覧になってください。

2014.01.27

AI1期生の本郷李來が「2014ミス・インターナショナル日本代表」の栄冠!!

photo20140127a

弊社運営の女優養成プロジェクトAIの1期生、
本郷李來
さんが「2014ミス・インターナショナル日本代表」に選ばれました!第1シーズンで選抜された12名の1期生の中では、現役モデルという異色の存在でしたが、AIに参加して演技の面白さに目覚め、監督達も高く評価していました。。容姿だけではなく、表現力や人間性を求められる審査で栄冠を獲得されたことは、メンバーやスタッフにとっても本当にうれしいことです。今後の活躍を応援していきたいと思います。

第1シーズンでの、本郷李來の出演作品はこちら。

2013.12.25

読売テレビ1月連続ドラマ「慰謝料弁護士」に企画協力いたします。

photo20131225a

2014年1月9日(木)23:59から始まる「慰謝料弁護士」は、弊社が企画提案した「慰謝料上手に取れるかな?」(うえみあゆみ原作:エンターブレイン刊)のドラマ化です。主演は田中直樹さん。離婚に悩む人たちを通して、「結婚とは何か」「家族とは何か」を追求するドラマです。弊社は企画協力として参加いたします。昨年の「町医者ジャンボ!!」とは違い、脚本作りには直接参加していませんが、とても面白い作品に仕上がっているようです。是非、ご覧になって下さい。

2013.11.08

CGクリエーターのための演技講座・CGWORLD誌で記事に。

株式会社ピコナの依頼を受け、弊社が開設した「CGクリエーターのための演劇メソッドワークショップ」が、CGWORLD誌で取り上げられ、見開きの記事になりました!映像業界で培った演技やストーリー作りのノウハウが、CGクリエーターのために役に立つ日が来るとは思っていませんでした。ピコナの吉田社長は、弊社代表の山本が教授を務めるデジタルハリウッド大学院のかつてのゼミ生。教え子から発注を受けるのも、この上ない幸福な体験でした。感謝!

photo20131108a

2013.10.25

AIシーズン2 「ありがとう」 新作完成

YouTube Preview Image
あの世とこの世の境目で起きたドラマ。シーズン2での初めてのオーディションで勝ちぬいたメンバーが心をこめて演じました。
出演:内山珠希 門前亜里 小松もか 中田美優 齊藤奈央
脚本:千葉美鈴 演出:青木達也(ザ・ワークス) 音効:原田慎也 プロデューサー:山本和夫 

2013.10.04

BS日テレ新番組「はぴ★ぷれ」始まります!

photo20131004a

弊社制作協力のBS日テレ新番組「おねだりエンタメ~はぴ★ぷれ~」が、10/4(土)より始まります(毎週土曜日23:30~24:00)。ハロプロ研修生たちが、いろんな所にお邪魔して、視聴者のために素敵なプレゼントゲットする番組です。12歳~18歳の研修生たちが、どう成長していくかも見どころ。応援してやってください!

2013.08.30

YTV連続ドラマ「町医者ジャンボ」第9話で6%を突破!

photo20130830a

弊社が企画協力、山本和夫が協力プロデューサーとして参加している読売テレビ連続ドラマ「町医者ジャンボ!!」が、第9話にして、このドラマ枠の壁であった6%を突破しました!

2013.08.05

AI シーズン2 メンバー決定!

photo20130805a

女優養成プロジェクト「AI」第2シーズンが始まりました!
新しく選ばれた2期生7名と残留した1期生3名の計10名が、過酷な演技バトルをしながら女優を目指します。
第1シーズンとはシステムを変え、毎週日曜日にニコニコ動画で演技特訓の様子を生放送します。初めての本読みで非凡な才能を見せた者もいて、これからが楽しみです。ぜひ育ててやって下さい。
左から門前亜里(15)・神岡実希(13)・内山珠希(14)・齊藤奈央(17)・中田美優(15)・小松もか(15)・小川杏(15)・吉田聡菜(13)・大塚桃子(13)・星野莉々翔(13)

2013.07.10

【第1回ジュブナイル脚本大賞】 募集のお知らせ

【第1回ジュブナイル脚本大賞】  募集のお知らせ
※juvenile(形容詞)少年少女向きの 
photo20140710a

【募集の趣旨】 少子化が進んだ日本。若年層マーケットが縮小し、映画やテレビ業界でも子供に見せる映像作品は減少するばかりです。アニメではジブリ作品をはじめ多くの良質な作品が生み出されていますが、実写に関しては、子供やローティーンを対象にした映画やテレビドラマは数えるほどしかありません。ファンタジー性に富んだアニメとは違い、よりリアルな実写手法で子供の心理を描くことが出来る映画…。それと出会うことは、多感な時期の子供たちに得難い体験をもたらします。私たち映像業界で働く人間は、次代を担う子供たちに、そうした良質な実写映画を残していくべきだと思っています。
以上のような趣旨で、この脚本大賞を創設いたします。またこれは、世に少年少女向け映画の再興を促す「ジュブナイル映画プロジェクト」の礎となるものです。多くの脚本家の皆さんにトライしていただき、毎年コンスタントに「ジュブナイル作品」を制作していきます。
【応募資格】 プロ・アマ問わず。
【テーマ】 ローティーン(10~15歳)を中心とした少年少女が主要登場人物であること。ただし未発表のオリジナル作品に限る。 60分以上の映画を想定。
※他のコンクールに応募した作品は不可。
【選考方式】 多くのシナリオコンクールを目指す応募者の方々の負担を減らすため、1次審査をストーリー審査とし、通過作品(5編予定)のみ2次審査のシナリオ執筆に取り掛かっていただく方式にいたします。
【一次審査の概要】ストーリー審査とします。その物語が映像化に適した力強い筋書き、テーマ、キャラクター、結末を備えているかを審査いたします。
【一次審査応募方法】
(1)A4サイズをタテに使用しヨコ書き、40字×36行にて10~20枚程度(表紙・登場人物表・あらすじを除く)MS明朝(フォントサイズ11)                 ※ページナンバーをふること
(2)表紙にタイトル・氏名、郵便番号・住所・年齢・性別・職業・電話番号・メールアドレスを明記。
(3)2~3枚目には、ストーリー概要(あらすじ)400字程度と登場人物表。
(4)4枚目から、ストーリー本編。
(5)原稿は右肩をクリップで留め、下記に送付のこと
〒107-0052東京都港区赤坂2-4-1白亜ビル7F (株)ドラマデザイン社
(6)締め切り 2014年8月8日(当日必着)
(7)1次審査結果発表 8月15日 ドラマデザイン社WEBサイトにて
【二次審査】
(1)A4サイズを横に使用しタテ書き、37字×40行にて50~90枚程度
MS明朝(フォントサイズ11) ※ページナンバーをふること
(2)締め切り 2014年9月12日(当日必着)
【賞金】大 賞(1編):40万円を贈呈 ※大賞作品は2014年度内に映像化予定
ストーリー賞(5編):2万円を贈呈。
【選考委員】 山本和夫・霜田一寿・水野宗徳・森岡利行
【主催】ドラマデザイン社
【協力】ザ・ワークス/デジタルハリウッド大学大学院
【結果発表】2014年10月1日 ドラマデザイン社WEBサイトにて発表。
【備考】入賞作品の一切の著作権及び翻案権(映像化権、二次利用も含む)はドラマデザイン社に帰属します。脚本は映像化に際して補訂することがあります。
【ガイダンス】応募希望者の方に、7/22(火)19時よりドラマデザイン社(港区赤坂)にて、募集詳細のガイダンスを行います。
出席ご希望の方は、desk@drama-design.co.jp にまでご連絡ください。