News

2012.01.12

NHK「嘆きの美女」の原作者は?

1月12日からNHKBSプレミアムで放送開始した「嘆きの美女」
原作者(柚木麻子)および脚本家(李正姫)ともに弊社が運営するシナリオインキュベーション出身。土曜日23時15~45分。全8回。

原作の柚木麻子は、2008年に「フォーゲットミー、ノットブルー」でオール讀物新人賞を受賞し、同作を収録した単行本「終点のあの子」は2010年「本の雑誌」上半期エンターテインメントランキングで3位となり、一躍注目を集めました。

李正姫は、シナリオインキュベーション第1期出身。「ただいま満室」でデビューし、ドラマ「佐賀のがばいばあちゃん2」、「孤独の歌声」、映画「バベル」などを手掛けています。